畳張替えに悩んでいる人必見【畳にはグレードがある】

記事リスト

畳

張替の種類

畳張替えの方法は、3種類あります。裏返し、表替え、新調です。それぞれ費用が異なります。一番安いのは購入後の2〜3年で行う裏返しです。次に表替えです。定期的に行うことで、畳を長持ちさせることができます。

詳しく見る

張り替える値段について

婦人

何枚あるかによって決まる

畳は使用するとともに経年劣化してくるため定期的に張替えが必要になります。変色したりすき間が空いている、へこんでいるなど見た目で分かるようでしたら張替えなくてはならないというのは分かりますが、見た目では分からなくても購入後何年経過しているかによって定期的に行うことで長持ちさせることができます。そして、気になるのは費用です。どのくらいかかるのかです。実は、畳にはグレードがあるのです。下級品、中級牝、上級品とあります。マンションなのか一戸建ての住宅なのかによっても変わります。業者によって費用も異なりますので、まずは無料見積りで相談をしてから検討をします。畳は1枚から張替えをしてもらうことが可能です。その枚数、何畳張替えたかによって変わりますが、1枚からできるといっても6畳ある部屋で1枚でけ施工をしてもらったとしても他の5枚のとキレイさが異なりますので、なかなか1枚だけお願いするというケースが少ないです。部屋単位で張替えをしてもらうことが大半です。表替えを行った場合ですが、6畳の部屋であると3万円〜5万円が相場となっています。新調するとなると7万円〜10万円が張替え費用の相場となっています。安くするポイントとしては、張替えする畳を国産のものではなく中国産にするなどすれば安くなります。来客をお招きする部屋などは国産の上質な畳に張替えたい、そうすると高級な畳床を使うことになるのでさらに値段は跳ね上がります。

男の人

業者選びのポイントとは

畳張替えは、ホームセンターでも行っています。ホームセンターで行う場合の注意点は、自社で行うのではなく外部の提携先業者に依頼するため張替え費用が高くなってしまうケースが多いです。高いからといって品質ん良い畳とは限らないのです。

詳しく見る

和室

低予算で張り替える

畳を長持ちさせるには、定期的にメンテナンスすることです。購入したら15年は使うことができるとされますが、その間張替えを行います。2〜3年経過したら裏返しを行います。これは、畳表を裏返し裏面として使っていた部分を表にもってくる張替えです。

詳しく見る

作業員

業者に依頼するメリット

畳の裏返しは、表面を裏に返してキレイな未使用の面を上にもってくる張替え方法なので簡単そうに見えますが、技術が必要になります。プロの専門業者に依頼をすれば、張替え作業だけでなく染み抜きや防虫加工まで行ってくれます。

詳しく見る

畳

新しい床になる

業者を使って畳を張替えする際は、まず畳を屋外に運び出すことになります。そのため、道筋を整理しておきましょう。張替えまで十分な時間がある時は、業者を良く選ぶことも大切です。業者ごとに選択できる畳の種類やコストは異なります。事前に床材のサンプルを確認しましょう。

詳しく見る