畳張替えに悩んでいる人必見【畳にはグレードがある】

記事リスト

張替の種類

畳

ネットで業者探し

畳は購入してから長年使い続けていると傷んできたしまったり、日光で色が変わってきてしまいます。別に色が変わったくらい気にしないといっても畳には湿度調整機能や空気中のゴミを吸着、抗菌作用などの特徴があります。これらの効果も薄れてきてしまいますので、部屋の空気を自然の作用で清浄化するためにも定期的に張替えが必要になります。その張替え方法ですが大きく3種類あります。裏返し、表替え、新調です。裏返しとは、畳を裏返して裏だった部分を表に持ってくる方法です。張替え方法の中では一番安く購入後2〜3年後に行うのが目安です。表替えとは、畳表を取り換える方法です。床部分は残して表部分だけ取り替えて修理して再利用するので、新しく買い替えるよりも費用を抑えることができます。畳表部分は、国産、海外産などいくつか種類があり耐久性が高いものまであるので、どれを選ぶかによっても料金が異なります。そして、新調です。これは、畳を一式新しいものに取り換える方法です。長年使ってくると、柔らかくなってきてプカプカしてきます。弾力性もなくなってきてしまいます。これでは、裏返しや表替えで張替えし修理をしたとしても改善されない状態になっています。新調では、畳表にル買う部分を畳床に使う部分をそれぞれ選べるようになっています。それぞれ新しくするので、費用はかかります。また、古い畳については業者によって無料で引き取りしてくれるところや費用が発生する業者もあります。インターネットで畳業者の費用などを調べてから依頼をします。