畳張替えに悩んでいる人必見【畳にはグレードがある】

記事リスト

低予算で張り替える

和室

裏返しが安い

使っている畳が、色が変わってきてしまった、すき間が広がってきたとなったらそのたびに新しいもに買い替えていたら費用が高くなってしまいます。新品を購入するのではなく、張替えをすることによって買うよりも費用を抑えることができます。メンテナンスを繰り返しながら使うことで、トータルのコストを安く抑えることができます。畳の張替えの方法には、裏返しがあります。裏返しとは、畳表の部分を返して裏面を表にもってくる張替え方法です。目安ですが、購入して2年〜3年ほど経過したら張り替えをするのがよいとされています。これはあくまで目安ですが、部屋の環境によってもっと早めていい場合もあります。その部屋の日当たりがよすぎて色が変わってきてしまうのが早い、使用頻度が多いなどがありますので状態を見て判断するのもよいです。表替えは、畳表部分を新しいものに張替えてしまう方法ですのら裏返しよりも費用はかかります。張り替えは、新品の畳を購入した実際に使用開始をしてから最初は裏返し、次に表替え、最後に新調という方法で張替えを行っていきます。これで、長持ちをさせることができます。しかし、使用開始して2〜3年で裏返しをせずにそのままにして6年目でやっと裏返しを業者に依頼したとなると、裏返しをしたとしてもい草の劣化が起きている可能性があります。そうなったら、裏返しをせずに表替えをしたほうがよいです。表替えをすることによって新品の畳になります。